文理混成クラス | 部活動両立型特進

県内私学随一の「文武両道」を目指します

コースの特徴

  • 6限で終了する時間割で、放課後の活動時間が十分に確保されているため、部活動にもしっかり取り組むことができる
  • 朝の0限授業で、文系/理系のいずれにも対応できるカリキュラム
  • 2年次・3年次の総合探究をそれぞれ2単位にすることで、主体的で実践的な学習成果の実現をサポート

文系 or 理系 の強化

国公立大学、難関私立大学

特進アドバンスコースと特進アスリートコースの二つに分かれますが、どちらも「四年制大学」をメインの進路先と定め、国公立大学や難関私立大学を目指して進路意識と学力の向上に努め、人生を切り開いていくコースです。生徒の能力・資質を向上させ、それが活かせるような受験方法によって、第一志望合格を実現することを目指します。
規律正しく、メリハリのある学校生活を通して、人間としての成長と併せて大学受験に対応できる確かな学力を身につけていきます。

先生からのメッセージ

特進アスリートコース担任
今泉 裕登教諭

部活動と学業の両方で高いレベルを目指す学校生活は,時折難しいと感じることもあると思います。しかし,この高いレベルでの文武両道を目指す「過程」が卒業時の自分を今よりも一回りも二回りも大きくさせると考えています。アスリートコースで自身の成長を掴み取りましょう。

在校生からのメッセージ

3年 高橋 朝静さん
特進アスリートコース所属(松戸市立小金中学校出身)

特進アスリートコースは、全国レベルの部活動と、学習実績を両立させることを目的としています。特進アスリートコースの朝は早く、0校時から始まります。そのため、放課後は存分に部活動に取り組むことができます。私は、女子サッカー部で全国でもトップクラスを目指し活動する一方、時事問題をテーマに論文を作成するなど、充実した生活を送っています。