文理混成クラス | 部活動両立型特進

県内私学随一の文武両道を目指します

コースの特徴

  • 部活動に取り組みながら、国公立大学・難関私立大学を目指すカリキュラム編成。通常の6校時授業に加えて「0校時授業(7:45〜8:25)」を実施。さらにタブレット型端末の活用により受験対策に必要な学習時間を計画的に確保します。
  • 外部のクラブチームやスポーツクラブとの両立も可能です。
  • オリンピックメダリストなどのトップアスリートによるキャリア講座も実施します。
  • 3年生の競技生活引退後からはそれぞれの入試に向けた進学特別講座を実施します。

3年間の「学び」の流れ

1年次

学びに向かう
力の育成

基礎学力の確実な定着

少人数習熟度別授業を展開(英語・数学)

  1. 0校時授業の実施(週4日)
  2. タブレット型端末の活用

2年次

主体的な学びを
通した理解と発展

3年次

応用力のある学び

文系・理系進学系

部活動やクラブチーム等での活動と勉強を両立させ、国公立大学や難関私立大学へ現役合格できる力をしっかりと身に付けていきます。

卒業後の目標

国公立大学、難関私立大学 文系・理系

  • 教育学
  • スポーツ科学
  • 心理学
  • 国際関係学
  • 栄養学
  • 医学
  • 社会学
  • 言語学 など

教員メッセージ

2学年担任
齋藤 史子先生

学習活動で求められる集中力はアスリートが競技力向上を目指すうえでも大変重要だと考えています。タブレット端末等を活用しながら効果的な授業展開を心がけています。

在校生メッセージ

2年
粟津 壮一朗さん(現特進文理コースアスリートクラス所属)(砺波市立出町中学校出身)

アスリートコースでは文武両道を目標とし、ハイレベルな大学進学を目指しながら部活動にも積極的に参加できるので、より充実した高校生活を送れます。毎日朝の0限目から6限目まで自分の進路実現の為に確実な学習ができます。

カリキュラム

※平成30年度時点での予定